1. Home
  2. CAD Q&A
  3. XF24CAD

CAD Q&A

XF24CAD


【共通】

物件データを「XF24 構造」のショートカットアイコンまたはCAD画面へドラッグ&ドロップで直接読込できます。
また、圧縮された物件データは、XF24CADを起動し、[ファイル][圧縮物件ファイル指定読込]で物件データを読込できます。
 詳細資料(PDF)

1.並び替えの場合
移動するボタンにマウスカーソルを合わせ、”Alt”キーを押しながら、ドラッグし、移動する位置でマウスボタンを離します。

2.削除の場合
移動するボタンにマウスカーソルを合わせ、”Alt”キーを押しながら、ドラッグし、ツールバー以外の位置でマウスボタンを離します。
 詳細資料(PDF)

[ファイル][復旧]で、該当物件を選択して復旧できます。
(注) あらかじめ、[補助][操作モード設定]の「自動保存」にチェックをつけ、時間を設定してください。
 詳細資料(PDF)

[ファイル][インポート]で、対象要素を選択して読込できます。
 詳細資料(PDF)

[初期仕様][材設定][壁]の「ランナー材」に型式が設定されていると、高遮音床仕様となり矩計が上がります。
「型式」で「未指定」を設定してください。

[表示][要素]「その他」の「型式」と「材長」にチェックをつけてください。
指定した材のみ表示する場合は、属連の表示属性で材長と型式にチェックをつけて材をヒットしてください。
 詳細資料(PDF)

「C:¥NEOUT¥OPNDXF¥物件番号」に保存されます。
DXF出力ダイアログの「フォルダーを開く」よりエクスプローラーで開けます。
 詳細資料(PDF)

1.自動処理の場合
[入力][加工]「属性」で材端部が「自動」の場合は、[補助][マスター編集]「加工設定マスター」で設定した値が反映されます。
[自動生成][加工]を実行すると、クリアランスが取れます。
※[初期仕様][入力設定]「床壁加工」「材長計算」「加工寸法(クリアランスあり)」の場合に「加工設定マスター」内のクリアランス設定が有効となります。
2.手動処理の場合
[入力][加工]「属性」で材端部が「端部カット」の場合は、「端部補正」を設定し、クリアランスを取ります。
 詳細資料(PDF)

[入力][要素]「属連」を選択し、「型式」にチェックをつけます。
変更する型式を設定後、範囲をドラッグまたは材を選択し、変更します。
また、[一括変更][材属性]からも一括変更できます。
 詳細資料(PDF)

[自動生成][加工]を「新規」で実行してください。
 詳細資料(PDF)

入力画面の右クリックメニューから「近隣材確認」のチェックをOFFにすると、確認メッセージを非表示にできます。
また、[補助][操作モード設定]「操作設定」「材ヒット時の近隣材確認をする」からでも表示のON/OFFを設定できます。
 詳細資料(PDF)

[補助][操作モード設定]「操作設定」「右クリック属性」から右クリック「属性」「削除」メニューの表示位置を変更できます。
 詳細資料(PDF)

「要素移動/コピー」画面の「要素」の選択箇所で右クリックすると、「すべて選択」「すべて解除」メニューが表示されますので、一括で要素の選択、解除ができます。

[入力][ユニット/屋根番号変更]で、「屋根」を選択します。
「次の番号」で屋根番号を設定し、変更する屋根面をクリックしてください。
 詳細資料(PDF)

[入力][加工]「属性」で継手部分の材もしくは壁ユニット端部を「端部カット」に設定します。
「継手記号」で「右/下」または「左/上」を選択してください。
 詳細資料(PDF)

配置時に”ctrl”キーを押したまま、寸法の値位置や注記位置を指定すると、グリッドに拘束されずに配置できます。
 詳細資料(PDF)

[入力][要素移動/コピー]でコピー先にサブレイヤを指定して移動、コピーできます。
 詳細資料(PDF)

[入力][材番号移動]で文字移動したい材を選択後、移動位置を指定します。
 詳細資料(PDF)

[チェック][材属性検索]で検索したい樹種や等級を指定後、「実行」をクリックすると、検索できます。また、[一括変更][材属性]で「変更対象」のみ樹種や等級を指定後、「実行」をクリックしても、検索できます。
 詳細資料(PDF)

[初期仕様][番付設定]で、番付文字が設定できます。
 詳細資料(PDF)

[入力][要素移動/コピー]でコピー先レイヤを指定してコピーできます。
 詳細資料(PDF)

↑ページの先頭へ戻る

【床】

[入力][合わせ材展開]を選択します。
”shift”キーを押したまま、対象とする床ユニットをヒットすると、ユニット領域のみ削除できます。
 詳細資料(PDF)

[初期仕様][入力設定]「床壁部材」「1階根太方向」を「なし」に設定してください。
[初期仕様][物件設定]「矩計設定」「土台高」が変わります。
 詳細資料(PDF)

[入力][要素]「床梁ユニット」をセットしたい端根太に入力し、[入力][ユニット化]を実行してください。
[印刷][ユニット組立図]「床ユニット」により印刷できます。
(注)[ユニット化]を行ったあとは、必ず加工生成を実行してください。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「金物マスター」「金物一覧編集」「根太受け」で「吊天根太で壁パネルを無視」にチェックをつけると、床根太や床根太ころび止めを相手材として吊天根太の材長が決まります。
 詳細資料(PDF)

↑ページの先頭へ戻る

【壁】

[補助][マスター編集]「加工設定マスター」「竪枠」の「壁ユニット間」でクリアランス値を設定できます。
 詳細資料(PDF)

[一括変更][壁ユニット端部調整]を実行します。
[補助][マスター編集]「加工設定マスター」「竪枠」の「壁ユニット間」で設定しているクリアランス値が反映され、壁ユニット端部が再調整されます。
 詳細資料(PDF)

[ユニット編集モード]の編集画面で右クリックし、「寸法固定」を選択してください。
 詳細資料(PDF)

部屋入力 ⇒ 外壁線入力 ⇒ 開口部入力 ⇒[自動生成][ユニット]⇒[自動生成][部材]⇒[入力][要素]「分割」で壁ユニットの分割 ⇒[自動生成][加工]で完了します。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「加工グループマスター」でCAMデータを出力したい材種を設定します。
[自動生成][加工]「加工グループ」で設定した仕様を選択すると、指定した材種のみCAMデータが出力できます。
 詳細資料(PDF)

2336mmの竪枠に墨付け加工が生成されている為、加工されます。
[補助][マスター編集]「加工設定マスター」「竪枠」の「定尺材には位置墨を生成しない」に設定すると、加工されません。

[入力][要素]の「選択要素のみヒット」にチェックがついていると、[入力][要素]で選択している要素(材種)のみヒットできます。
チェックをはずすと、材関連の要素がヒットできます。

[表示][要素]「その他」「現場取付竪枠」にチェックをつけます。
現場取付の竪枠、まぐさ受け、かい木が強調表示されます。
 詳細資料(PDF)

[入力][加工]「属性」「造作下地材」で材端部が「自動」になっている場合に、[自動生成][加工]を実行すると、[補助][マスター編集]「加工設定マスター」「竪枠」の造作下地材クリアランスが反映されます。
 詳細資料(PDF)

[積算][パネル数]で確認することができます。
 詳細資料(PDF)

↑ページの先頭へ戻る

【天井】

天井レイヤで、[表示][要素]「その他」「他レイヤ材」にチェックをつけます。
[入力][加工]「配置」で、対象となる垂木をヒットし、次に天井梁(天井根太)をヒットします。

自動生成で加工を決定する場合は、以下の通りです。
1.天井根太の場合
天井根太と直交した垂木を配置する場合は、垂木に下欠き(バードマウス加工)ができます。
天井根太と同一線上に垂木を配置する場合は、天井根太が負けます。
2.天井梁の場合
垂木に下欠き(バードマウス加工)ができます。

↑ページの先頭へ戻る

【妻小壁】

垂木が”208”で、屋根属性の垂木型式が”206”になっている為です。
屋根属性の垂木型式を”208”にして、妻小壁属性で「構成材再生成」を実行してください。

↑ページの先頭へ戻る

【屋根】

[初期仕様][入力設定]「屋根部材」「軒先補正」と「野地合板」「巾」の値をみて、1/2ピッチで勾配に合わせて生成します。
 詳細資料(PDF)

[初期仕様][入力設定]「屋根部材」で けらば型式を”204”にし、[材設定]「天井・屋根」の垂木型式を”206”に設定します。
[自動生成][部材]にて、材の自動生成を実行してください。
 詳細資料(PDF)

含まれています。
 詳細資料(PDF)

[入力][要素]「端点」をクリックし、ドーマ屋根の端点(間崩点)を生成します。
ドーマ屋根の端点に合わせ屋根敷台を入力してください。

[入力][加工]「属性」で、対象となる垂木の端部を「自動」に設定します。
[自動生成][加工]を実行してください。

[入力][要素]「外壁線」を 外壁側に入力し、外壁側の屋根線を壁芯まで入力してください。
また、[入力][材種変更]で破風板を垂木に材種変更できます。

[初期仕様][材設定]「天井・屋根」 でウェブ材の設定が”未設定”になっている為です。
設定後、トラス属性で「構成材再生成」を実行してください。
 詳細資料(PDF)

[入力][要素]「配置」「屋根」で屋根の入力後、「属性」「屋根」で屋根面をクリックし、高低差に2階床根太の材成分(2×10の場合235)を入力してください。
[自動生成][加工]により自動調整されます。

屋根面をまたいでのユニットは入力できません。1つの屋根面内に屋根ユニットを配置してください。

↑ページの先頭へ戻る

【合板】

[初期仕様][入力設定]「床合板」 または「野地合板」の「番号開始位置」で床野地合板番号の開始位置を設定できます。
加工生成時に設定した開始位置を基準とし、合板番号が生成されます。
 詳細資料(PDF)

[初期仕様][入力設定]「野地合板」で「階番号なし」にチェックをつけ、加工生成を実行してください。
階番号が省略できます。
 詳細資料(PDF)

[入力][合板実方向変更]で合板をヒットまたはドラッグで指定し、変更します。
 詳細資料(PDF)

[初期仕様][入力設定]「野地合板」の「最小サイズ」を設定すると、設定した値より小さいサイズの野地合板が配置されている場合、加工生成時に警告が表示されます。
また、[チェック][入力チェック]の「床野地合板サイズチェック」でも警告が表示されます。

[入力][要素]「配置」「床合板区画」を配置します。
「属性」「床合板区画」で合板方向を選択すると、角度指定できます。
区画を配置後、[入力][要素]「配置」「床合板」の割付領域で「合板区画」を選択し、床合板を配置します。
 詳細資料(PDF)

入力画面の右クリックメニューから「近隣合板確認」のチェックをOFFにすると、確認メッセージを非表示にできます。
また、[補助][操作モード設定]「操作設定」「合板ヒット時の近隣合板確認をする」からでも表示のON/OFFを設定できます。
 詳細資料(PDF)

↑ページの先頭へ戻る

【印刷】

[印刷][伏図]「要素」「その他」で「型式」と「材長」にチェックをつけてください。
また、指定した材のみ表示する場合は、属連の表示属性で材長と型式にチェックをして材をヒットしてください。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「表示設定マスター」「加工図設定」で「上面図に相手梁受金物記号を表示」にチェックをつけてください。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「表示設定マスター」「加工図設定」の「寸法文字サイズ」で寸法値の文字サイズが設定できます。
 詳細資料(PDF)

[印刷][ユニット組立図]で「同一形状をまとめる」にチェックがついている場合、形状が同じユニットが合算して出力されます。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「表示設定マスター」「ユニット図設定」の「明細表編集」で備考を設定してください。
ユニット組立図明細の備考欄に「現場取付」が表示されます。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「表示設定マスター」「ユニット図設定」の「壁ユニットに開口セットの明細を表示」にチェックがついている場合、開口セット材の明細が出力されます。

↑ページの先頭へ戻る

【積算】

[補助][マスター編集]「木取りマスター」で区分を設定できます。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「木取りマスター」で木取りルールの順序を設定できます。
 詳細資料(PDF)

[入力][梱包領域振り分け]で配置された材を梱包領域別に振り分ける作業が必要です。
また、[積算][木材積算実行]の「木取りルール」で梱包領域別に設定したルールを選択して、積算を実行してください。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「木取りマスター」の「素材長編集」で「木取り方式」を「降順」に設定してください。
また、[積算][木材積算実行]の「木取りルール」でユニット別の降順に設定したルールを選択して、積算を実行してください。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「木取りマスター」の「区分選択」にエラーとなっている材の樹種や等級または型式の登録がない為、エラーが表示されています。
「区分選択」に「[基本]」または樹種や等級または型式を登録し、木取り内容を設定してください。
 詳細資料(PDF)

[入力][要素]「部屋」で部屋を入力した面積により、床合板の面積が決まります。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「合板板取マスター」に該当する素材テーブルの登録がない為、エラーが表示されています。
「素材長編集」の「板取り素材」でエラーとなっている合板の素材サイズを設定してください。
 詳細資料(PDF)

↑ページの先頭へ戻る

【マスター編集】

[補助][マスター編集]「材メニュー」で各材の型式を設定します。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「定尺材マスター」でころび止めの「対象材種」もしくは「材寸/材長」から削除してください。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「材メニュー」「窓まぐさ」で型式を追加します。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「材寸マスター」「パッキン材寸」で「材W」を12.5mmに設定してください。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「表示設定マスター」「共通設定」の「建具記号」で「内法高」に設定してください。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「加工設定マスター」「屋根」の「軒先立ち上がり加工」をありに設定してください。
 詳細資料(PDF)

[初期仕様][入力設定]「床壁加工」の「材長計算」が「設計寸法(クリアランスなし)」で設定されている可能性があります。
「設計寸法(クリアランスなし)」の物件でも、金物端部補正値を加味したい場合は、[補助][マスター編集]「金物マスター」「金物一覧編集」の「設計寸法でも補正する」にチェックをつけてください。
 詳細資料(PDF)

マスター読込時、選択するフォルダーは「S24Mst」を選択してください。
フォルダー名を変更されてる場合も読込エラーになりますので「S24Mst」のフォルダー名に変更してください。

[補助][マスター編集]「表示設定マスター」「伏図設定」「金物記号」で伏図に表示する金物記号を設定してください。
 詳細資料(PDF)

↑ページの先頭へ戻る

CAD Q&Aトップに戻る

《採用情報はこちら》

エントリーや会社説明会の予約は以下のナビサイトにて受け付けております。
リクナビ
CM
新卒採用向け会社案内の動画もぜひご覧ください。
※再生ボタンを押すと動画が流れます。
アドビシステムズ社ロゴ 当サイトでは、PDFファイルを掲載しております。ご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要になります。Adobe Readerダウンロードページより入手できます。