1. Home
  2. CAD Q&A
  3. XF15CAD

CAD Q&A

XF15CAD


【共通】

XF15CADを起動し、[ファイル][圧縮物件ファイル指定読込]で物件データを読込できます。
また、物件データを「XF15」のショートカットアイコンまたはCAD画面へドラッグ&ドロップで直接読込できます。
 詳細資料(PDF)

1.並び替えの場合
移動するボタンにマウスカーソルを合わせ、”Alt”キーを押しながら、ドラッグし、移動する位置でマウスボタンを離します。

2.削除の場合
移動するボタンにマウスカーソルを合わせ、”Alt”キーを押しながら、ドラッグし、ツールバー以外の位置でマウスボタンを離します。
 詳細資料(PDF)

[ファイル][復旧]で、該当物件を選択して復旧できます。
(注) あらかじめ、[補助][操作モード設定]の「自動保存」にチェックをつけ、時間を設定してください。
 詳細資料(PDF)

Ctrlキーを押しながら、[CAD切替][2Dマネージャ]クリックすると、XF15CADを終了せずに、2Dマネージャが起動します。
 詳細資料(PDF)

「C:¥NEOUT¥OPNDXF¥物件番号」に保存されます。
DXF出力ダイアログの「フォルダーを開く」よりエクスプローラーで開けます。
 詳細資料(PDF)

入力画面の右クリックメニューから「近隣材確認」のチェックをOFFにすると、確認メッセージを非表示にできます。
また、[補助][操作モード設定]「操作設定」「材ヒット時の近隣材確認をする」からでも表示のON/OFFを設定できます。
 詳細資料(PDF)

[補助][操作モード設定]「操作設定」「右クリック属性」から右クリック「属性」「削除」メニューの表示位置を変更できます。
 詳細資料(PDF)

[入力][材番号移動]で文字移動したい材を選択後、移動位置を指定します。
 詳細資料(PDF)

[一括変更][材属性]で「変更対象」のみ樹種や等級を指定後、「実行」をクリックすると、検索できます。
 詳細資料(PDF)

[初期仕様][番付設定]で、番付文字が設定できます。
 詳細資料(PDF)

V20.0で5階建てまで対応しました。
[初期仕様][物件設定][物件概要][階数]で設定します。
 詳細資料(PDF)

@XF15で物件を開き、「ファイル−XSTAR出力」を実行し、.xmlのファイルを出力します。
AXSTARを起動し、「ファイル−XF-15読込」にて、xmlファイルを指定して読み込みをします。
読み込まれる要素は、部屋、開口、屋根、構造材、間柱、注記になります。
※XF15にxstar出力オプション、xstarにXF15読込オプションがそれぞれ必要です。

申し訳ございませんが、対応しておりません。XF15のマスター編集で設定をお願い致します。

↑ページの先頭へ戻る

【断面編集モード】

XSTARCADから読み込みした物件は、伏図(平面)編集モードの[入力][要素]「配置」「断面切断線」を入力後、断面編集モードを起動してください。

断面編集モードで[自動生成][寸法]で断面図寸法を一括で生成します。断面編集モードで[入力][要素]「配置」「寸法」で配置した寸法は削除されますのでご注意ください。

上階から500mm下げまでは上階の材、それより低い材は下階の材となります。
例)2床レベルから500mm下げの梁→2階梁、2床レベルから510mm下げの梁→1階梁

↑ページの先頭へ戻る

【入力】

配置時に”ctrl”キーを押したまま、寸法の値位置や注記位置を指定すると、グリッドに拘束されずに配置できます。
 詳細資料(PDF)

[入力][要素移動/コピー]でコピー先にサブレイヤを指定して移動、コピーできます。
 詳細資料(PDF)

「要素移動/コピー」画面の「要素」の選択箇所で右クリックすると、「すべて選択」「すべて解除」メニューが表示されますので、一括で要素の選択、解除ができます。

壁筋違の配置レイヤを「サブレイヤ」に移動し、ブレースの配置を行ってください。

[マスター編集][ホゾ仕口マスター]で設定を追加し、加工配置を行ってください。
詳細は資料をご確認ください。
 詳細資料(PDF)

「フェイス寸法」は、配置した材の端部を基準として寸法を測定します。
「フェイスーグリッド寸法」は、配置した材の端部とグリッド間の寸法を測定します。
 詳細資料(PDF)

V20.0で対応しました。
[補助][マスター編集][ホゾ仕口マスター]で設定を追加し、加工配置を行ってください。
詳細は資料をご確認ください。
 詳細資料(PDF)

V20.0で対応しました。
梁受金物のT字金物接合、U字金物接合、プレート接合と柱金物のパイプ接合、T字金物接合、プレート接合の干渉チェックを行います。
詳細は資料をご確認ください。
 詳細資料(PDF)

V20.0で自動生成に対応しました。
[自動生成][断面切断線]から配置されている部材に対して、断面切断線を自動生成します。
 詳細資料(PDF)

「連続線」連続で線を作図できます。
「多角形」三角形、四角形、五角形などの多角を書いたり、属性で多角形 の中に色を付けたりします。
 詳細資料(PDF)

直接入力には対応してませんので、床CLT区画を使用して配置してください。
@床CLT区画領域を斜め部分の領域に配置します。
A属性で強軸方向を-45度に変更します。
B床CLT配置時に「区画指定」を選択して該当区画をヒットします。
C床CLTを分割(モード1点または連続線どちらでも可)します。

現状は加工配置には対応しておりません。
要素メニューから壁CLTの配置時に「形状配置」を選択して、間崩点、間崩線をクリックして配置してください。
 詳細資料(PDF)

V22.0で床筋違の入力に対応しました。
木製火打は床筋違で入力してください。
 詳細資料(PDF)

Ver22.0より金物マスターの横架材端部の接合タイプに「ボルト接合」が追加されました。
木製火打の端部、方杖の端部、登梁合掌下端の端部など、ボルトだけで緊結する金物を入力することができます。
 詳細資料(PDF)

Ver22.0より材属性で余長が設定できるようになりました。
木材積算実行すると「実長+余長」で木取りすることができます。
 詳細資料(PDF)

柱材配置時に、オフセット配置か、2点芯配置で配置方向を指定すると、斜めの横架材に平行配置できます。
 詳細資料(PDF)

↑ページの先頭へ戻る

【加工】

[入力][要素]「属性」で材の加工区分を指定できます。木材積算、金物積算、加工図、加工データを分けて出力することが可能です。
 詳細資料(PDF)

↑ページの先頭へ戻る

【金物】

[入力][金物グループ化]からグループ化したい金物を範囲選択してください。
 詳細資料(PDF)

金物検索機能はマスターとは連動しておりません。
マスターに無くても配置した金物はすべて検索金物として表示されます。

テックワンに限らず、接合タイプが『U字*物接合』の場合には『スリット厚』の項目がボルト長さに反映されます。

[チェック][木組みチェック]で「金物干渉チェック」にチェックをつけ、チェック箇所を設定し実行してください。
 詳細資料(PDF)

↑ページの先頭へ戻る

【印刷】

[補助][マスター編集]「表示設定マスター」「加工図設定」の「寸法文字サイズ」で表示される寸法値の文字サイズが設定できます。

[印刷][詳細加工図(材)]のソートで「木取り順」を選択します。
「プレビュー」を選択し、2Dプレビュー編集を起動します。
「ページ名称」で右クリックし、「名前でソート」を選択すると、材番号順となります。

[印刷][詳細加工図(材)]の「金物リスト」にチェックをつけてください。また、材属性から加工図を表示し、右クリックで「金物リスト」にチェックをつけると、画面上でも確認ができます。
 詳細資料(PDF)

[金物積算編集]の「金物図印刷」より金物の3面図(上面図、正面図、側面図)をDXFで出力することができます。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「表示設定マスター」「加工図設定」の「材長」「加工位置」で設定します。
 詳細資料(PDF)

↑ページの先頭へ戻る

【積算】

配置されている金物のボルトがボルトマスターに登録されていません。
[補助][マスター編集]「金物マスター」の「ボルト」に設定を追加してください。追加後は、加工生成を実行して、再度金物積算してください。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「木取りマスター」の「区分選択」にエラーとなっている材の樹種や等級または材寸の登録がない為、エラーが表示されています。
「区分選択」に「[基本]」または樹種や等級または材寸を登録し、木取り内容を設定してください。
 詳細資料(PDF)

[積算][金物グループ]からグループ化した金物の確認ができます。
 詳細資料(PDF)

Excelへの出力は制限しておりませんので、出力された後、削除をお願いします。

[補助][マスター編集]「木取りマスター」で区分を設定できます。
 詳細資料(PDF)

V22.0より、実長積算を行う製品長を、木取りテーブルごとに設定できるようになりました。
一般流通材は定尺積算し、特殊材は実長で積算することができます。
 詳細資料(PDF)

↑ページの先頭へ戻る

【マスター編集】

マスター読込時、選択するフォルダーは「XF15Mst」を選択してください。
フォルダー名を変更されてる場合も読込エラーになりますので「XF15Mst」のフォルダー名に変更してください。

↑ページの先頭へ戻る

CAD Q&Aトップに戻る

《採用情報はこちら》

エントリーやインターンシップの予約は以下のナビサイトにて受け付けております。
リクナビ
CM
新卒採用向け会社案内の動画もぜひご覧ください。
※再生ボタンを押すと動画が流れます。
アドビシステムズ社ロゴ 当サイトでは、PDFファイルを掲載しております。ご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要になります。Adobe Readerダウンロードページより入手できます。