1. Home
  2. CAD Q&A
  3. SIパネルCAD

CAD Q&A

SIパネルCAD


【共通】

XF35CADを起動し、[ファイル][圧縮物件ファイル指定読込]で物件データを読込できます。
また、物件データを「XF35」のショートカットアイコンまたはCAD画面へドラッグ&ドロップで直接読込できます。
 詳細資料(PDF)

1.並び替えの場合
移動するボタンにマウスカーソルを合わせ、”Alt”キーを押しながら、ドラッグし、移動する位置でマウスボタンを離します。

2.削除の場合
移動するボタンにマウスカーソルを合わせ、”Alt”キーを押しながら、ドラッグし、ツールバー以外の位置でマウスボタンを離します。
 詳細資料(PDF)

[ファイル][復旧]で、該当物件を選択して復旧できます。
(注) あらかじめ、[補助][操作モード設定]の「自動保存」にチェックをつけ、時間を設定してください。
 詳細資料(PDF)

[ファイル][インポート]で、対象要素を選択して読込できます。
 詳細資料(PDF)

入力画面の右クリックメニューから「近隣材確認」のチェックをOFFにすると、確認メッセージを非表示にできます。
また、[補助][操作モード設定]「操作設定」「材ヒット時の近隣材確認をする」からでも表示のON/OFFを設定できます。
 詳細資料(PDF)

[補助][操作モード設定]「操作設定」「右クリック属性」から右クリック「属性」「削除」メニューの表示位置を変更できます。
 詳細資料(PDF)

[表示][パネル編集モード]に切り替えます。
[入力][材番号移動]で文字移動したい材を選択後、移動位置を指定します。
 詳細資料(PDF)

[一括変更][材属性]で「変更対象」のみ樹種や等級を指定後、「実行」をクリックすると、検索できます。
 詳細資料(PDF)

XF35が導入されていないCADでも、XF35で入力した物件をXSTARで起動した場合、XF35の部材表示や間柱欠きなどの加工連動に対応しております。
 詳細資料(PDF)

[表示][要素]「その他」の「型式」と「材長」にチェックをつけてください。
指定した材のみ表示する場合は、属連の表示属性で材長と型式にチェックをつけて材をヒットしてください。

↑ページの先頭へ戻る

【入力】

配置時に”ctrl”キーを押したまま、寸法の値位置や注記位置を指定すると、グリッドに拘束されずに配置できます。
 詳細資料(PDF)

[入力][要素移動/コピー]でコピー先にサブレイヤを指定して移動、コピーできます。
 詳細資料(PDF)

「要素移動/コピー」画面の「要素」の選択箇所で右クリックすると、「すべて選択」「すべて解除」メニューが表示されますので、一括で要素の選択、解除ができます。

[入力][要素移動/コピー]でコピー先レイヤを指定してコピーできます。
また階数毎に階高が異なる物件で、他レイヤ間コピーを行うと、パネル構成材や壁合板が自動調整されます。
 詳細資料(PDF)

V22.0より対応しました。
外壁線と地回線の配置、削除、分割、結合、要素移動/コピー、要素一括削除がSIパネル側でも編集できます。
 詳細資料(PDF)

↑ページの先頭へ戻る

【壁】

[入力][要素]「属性」「開口部」で「中抜き開口」にチェックをつけます。
[入力][要素]「属連」「開口部」からでも変更できます。
 詳細資料(PDF)

[パネル編集モード]の編集画面で右クリックし、「寸法固定」を選択してください。
 詳細資料(PDF)

[入力][要素]の「選択要素のみヒット」にチェックがついていると、[入力][要素]で選択している要素(材種)のみヒットできます。
チェックをはずすと、材関連の要素がヒットできます。

壁パネルや矢切パネルの配置や部材生成で縦枠、間柱を生成する場合、材長が100mm未満は生成しないよう制限しております。
[入力][要素]「配置」の「縦枠」「間柱」で手動配置をお願いします。

1KG1のように、Kの後に壁タイプ記号を付けることは可能です。壁タイプ記号は任意に設定できます。
 詳細資料(PDF)

[積算][パネル数]で確認することができます。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「壁パネルパターンマスター」で窓台、窓まぐさの材成が設定されていない可能性があります。材成を設定し、CADを再起動後、構成材再生成を実行してください。

[初期仕様][入力設定][部材生成]「壁パネルクリアランス」で「対壁下」に「2mm」が設定されている為、「床合板レベル+壁下クリアランス」で壁パネル下レベルが「26mm」になります。

V22.0より対応しました。
XSTARCADで配置した根太、火打土台、火打梁と壁合板が干渉する場合、壁合板欠き取り加工が生成されます。表示ON、OFFにも対応しています。
 詳細資料(PDF)

↑ページの先頭へ戻る

【合板】

入力画面の右クリックメニューから「近隣合板確認」のチェックをOFFにすると、確認メッセージを非表示にできます。
また、[補助][操作モード設定]「操作設定」「合板ヒット時の近隣合板確認をする」からでも表示のON/OFFを設定できます。
 詳細資料(PDF)

[入力][要素]「配置」「壁合板」で隅木、谷木が当たる箇所を囲うように配置します。
[自動生成][加工]を実行すると、壁合板に欠き取り加工が生成されます。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「壁パネルパターンマスター」に登録した壁タイプの設定で、間柱と合板間柱受が同じ材成で設定されている可能性があります。
合板間柱受材成を「45」等、間柱材成と異なった材成で登録してください。
設定後、壁パネル部材と壁合板の再生成を行ってください。

[初期仕様][入力設定][壁合板]で出隅部、入隅部の納まりを設定できます。
[自動生成][パネル]や[自動生成][合板]で壁合板を自動生成すると、設定した出隅部、入隅部の納まりで壁合板が配置されます。
 詳細資料(PDF)

[初期仕様][入力設定][部材生成]「開口セット」で壁合板、床合板補助材の生成対象を設定できます。「壁パネルに生成」を選択すると、壁合板が開口セットに含まれずに壁パネルとして生成されます。
 詳細資料(PDF)

床合板の間柱、筋違当り欠きクリアランスは、XF35CADで設定した値が、XSTAR合板CADに反映します。
※XSTAR合板CADの設定は反映されません。
XF35CADの[初期仕様][入力設定][加工生成2]「床合板当り欠きクリアランス」で設定を行います。
 詳細資料(PDF)

Ver22.0より対応しました。
[補助] [マスター編集]の「合板板取りマスター」の「素材長編集」から「180度回転禁止」を設定します。
合板積算実行後、板取結果は「合板積算編集」 の「板取り明細書印刷」で確認できます。
 詳細資料(PDF)

Ver22.0より対応しました。
[補助] [マスター編集]の「表示設定マスター」「パネル図設定」「寸法編集」で矢切パネルの寸法生成方法を設定します。
[初期仕様] [入力設定]の「寸法」で設定した仕様名称を選択します。
[自動生成] [寸法]を実行します。設定した仕様で寸法が自動生成されます。
 詳細資料(PDF)

↑ページの先頭へ戻る

【印刷】

[補助][マスター編集]「表示設定マスター」「伏図設定」「壁合板記号」で「区間表示」または「区間&形状表示」を設定してる場合に、壁合板長さを壁合板番号の表示に変更することができます。
[印刷][伏図]「要素」「その他」「壁合板番号」にチェックをつけます。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「表示設定マスター」「加工図設定」の「寸法文字サイズ」で表示される寸法値の文字サイズが設定できます。

[印刷][パネル組立図]で「同一形状をまとめる」にチェックがついている場合、形状が同じパネルが合算して出力されます。

[表示][パネル編集モード]で配置した寸法が、パネル組立図に反映されます。
[補助][マスター編集]「表示設定マスター」「パネル図設定」の「寸法編集」で枠材間寸法を設定します。
[自動生成][寸法]を実行すると、枠材間に寸法が生成されます。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「表示設定マスター」「パネル図設定」の「壁パネルに開口セットの明細を表示」にチェックがついている場合、開口セット材の明細が出力されます。

材の樹種は、材設定の樹種と異なる場合のみ表示されます。
合板は全て表示されます。

[印刷][パネル組立図]から「要素」「その他:材番号」をOFFに設定してください。

[印刷][パネル組立図]から「ページ分割」の「2分割」か「4分割」を選択してください。
 詳細資料(PDF)

↑ページの先頭へ戻る

【積算】

[補助][マスター編集]「木取りマスター」の「区分選択」にエラーとなっている材の樹種や等級または材寸の登録がない為、エラーが表示されています。
「区分選択」に「[基本]」または樹種や等級または材寸を登録し、木取り内容を設定してください。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「木取りマスター」で木取りルールの順序を設定できます。
 詳細資料(PDF)

[入力][梱包領域振り分け]で配置された材を梱包領域別に振り分ける作業が必要です。
また、[積算][木材積算実行]の「木取りルール」で梱包領域別に設定したルールを選択して、積算を実行してください。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「合板板取マスター」に該当する素材テーブルの登録がない為、エラーが表示されています。
「素材長編集」の「板取り素材」でエラーとなっている合板の素材サイズを設定してください。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「木取りマスター」で区分を設定できます。
 詳細資料(PDF)

V23.0で対応しました。
木材積算編集で「表全体コピー」を選択してください。金物積算編集、合板積算編集でも対応しています。
 詳細資料(PDF)

↑ページの先頭へ戻る

【マスター編集】

マスター読込時、選択するフォルダーは「XF35Mst」を選択してください。
フォルダー名を変更されてる場合も読込エラーになりますので「XF35Mst」のフォルダー名に変更してください。

↑ページの先頭へ戻る

CAD Q&Aトップに戻る

《採用情報はこちら》

エントリーやインターンシップの予約は以下のナビサイトにて受け付けております。
リクナビ
CM
新卒採用向け会社案内の動画もぜひご覧ください。
※再生ボタンを押すと動画が流れます。
アドビシステムズ社ロゴ 当サイトでは、PDFファイルを掲載しております。ご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要になります。Adobe Readerダウンロードページより入手できます。