1. Home
  2. CAD Q&A
  3. SIパネルCAD

CAD Q&A

SIパネルCAD


【共通】

XF35CADを起動し、[ファイル][圧縮物件ファイル指定読込]で物件データを読込できます。
また、物件データを「XF35」のショートカットアイコンまたはCAD画面へドラッグ&ドロップで直接読込できます。
 詳細資料(PDF)

1.並び替えの場合
移動するボタンにマウスカーソルを合わせ、”Alt”キーを押しながら、ドラッグし、移動する位置でマウスボタンを離します。

2.削除の場合
移動するボタンにマウスカーソルを合わせ、”Alt”キーを押しながら、ドラッグし、ツールバー以外の位置でマウスボタンを離します。
 詳細資料(PDF)

[ファイル][復旧]で、該当物件を選択して復旧できます。
(注) あらかじめ、[補助][操作モード設定]の「自動保存」にチェックをつけ、時間を設定してください。
 詳細資料(PDF)

[ファイル][インポート]で、対象要素を選択して読込できます。
 詳細資料(PDF)

入力画面の右クリックメニューから「近隣材確認」のチェックをOFFにすると、確認メッセージを非表示にできます。
また、[補助][操作モード設定]「操作設定」「材ヒット時の近隣材確認をする」からでも表示のON/OFFを設定できます。
 詳細資料(PDF)

[補助][操作モード設定]「操作設定」「右クリック属性」から右クリック「属性」「削除」メニューの表示位置を変更できます。
 詳細資料(PDF)

[表示][パネル編集モード]に切り替えます。
[入力][材番号移動]で文字移動したい材を選択後、移動位置を指定します。
 詳細資料(PDF)

[一括変更][材属性]で「変更対象」のみ樹種や等級を指定後、「実行」をクリックすると、検索できます。
 詳細資料(PDF)

↑ページの先頭へ戻る

【入力】

配置時に”ctrl”キーを押したまま、寸法の値位置や注記位置を指定すると、グリッドに拘束されずに配置できます。
 詳細資料(PDF)

[入力][要素移動/コピー]でコピー先にサブレイヤを指定して移動、コピーできます。
 詳細資料(PDF)

「要素移動/コピー」画面の「要素」の選択箇所で右クリックすると、「すべて選択」「すべて解除」メニューが表示されますので、一括で要素の選択、解除ができます。

↑ページの先頭へ戻る

【壁】

[入力][要素]「属性」「開口部」で「中抜き開口」にチェックをつけます。
[入力][要素]「属連」「開口部」からでも変更できます。
 詳細資料(PDF)

[パネル編集モード]の編集画面で右クリックし、「寸法固定」を選択してください。
 詳細資料(PDF)

[入力][要素]の「選択要素のみヒット」にチェックがついていると、[入力][要素]で選択している要素(材種)のみヒットできます。
チェックをはずすと、材関連の要素がヒットできます。

壁パネルや矢切パネルの配置や部材生成で縦枠、間柱を生成する場合、材長が100mm未満は生成しないよう制限しております。
[入力][要素]「縦枠」「間柱」で手動配置をお願いします。

↑ページの先頭へ戻る

【合板】

入力画面の右クリックメニューから「近隣合板確認」のチェックをOFFにすると、確認メッセージを非表示にできます。
また、[補助][操作モード設定]「操作設定」「合板ヒット時の近隣合板確認をする」からでも表示のON/OFFを設定できます。
 詳細資料(PDF)

[入力][要素]「配置」「壁合板」で隅木、谷木が当たる箇所を囲うように配置します。
[自動生成][加工]を実行すると、壁合板に欠き取り加工が生成されます。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「壁パネルパターンマスター」に登録した壁タイプの設定で、間柱と合板間柱受が同じ材成で設定されている可能性があります。
合板間柱受材成を「45」等、間柱材成と異なった材成で登録してください。
設定後、壁パネル部材と壁合板の再生成を行ってください。

↑ページの先頭へ戻る

【印刷】

[補助][マスター編集]「表示設定マスター」「伏図設定」「壁合板記号」で「区間表示」または「区間&形状表示」を設定してる場合に、壁合板長さを壁合板番号の表示に変更することができます。
[印刷][伏図]「要素」「その他」「壁合板番号」にチェックをつけます。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「表示設定マスター」「加工図設定」の「寸法文字サイズ」で表示される寸法値の文字サイズが設定できます。

[印刷][パネル組立図]で「同一形状をまとめる」にチェックがついている場合、形状が同じパネルが合算して出力されます。

↑ページの先頭へ戻る

【積算】

[補助][マスター編集]「木取りマスター」の「区分選択」にエラーとなっている材の樹種や等級または材寸の登録がない為、エラーが表示されています。
「区分選択」に「[基本]」または樹種や等級または材寸を登録し、木取り内容を設定してください。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「木取りマスター」で木取りルールの順序を設定できます。
 詳細資料(PDF)

[入力][梱包領域振り分け]で配置された材を梱包領域別に振り分ける作業が必要です。
また、[積算][木材積算実行]の「木取りルール」で梱包領域別に設定したルールを選択して、積算を実行してください。
 詳細資料(PDF)

[補助][マスター編集]「合板板取マスター」に該当する素材テーブルの登録がない為、エラーが表示されています。
「素材長編集」の「板取り素材」でエラーとなっている合板の素材サイズを設定してください。
 詳細資料(PDF)

↑ページの先頭へ戻る

CAD Q&Aトップに戻る

《採用情報はこちら》

エントリーやインターンシップの予約は以下のナビサイトにて受け付けております。
リクナビ
CM
新卒採用向け会社案内の動画もぜひご覧ください。
※再生ボタンを押すと動画が流れます。
アドビシステムズ社ロゴ 当サイトでは、PDFファイルを掲載しております。ご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要になります。Adobe Readerダウンロードページより入手できます。