1. Home
  2. 保守サービス Spirit Club
  3. opennet XF15 V20 バージョンアップ内容(概要)

opennet XF15 V20 バージョンアップ内容(概要)

opennet XF15 V20 バージョンアップ内容(概要)

opennet XF15 V20 バージョンアップ内容(概要)pdf

XF15

1
寸法の連続配置に対応
寸法配置時に、従来通りの3点入力と連続配置が選択できるようになりました。
連続配置は測定位置を連続で指定し、最後に寸法文字位置を指示して配置します。
2
5階建ての物件に対応
5階建て物件の入力ができるようになりました。
3
渡り顎加工に対応
横架材上下面の干渉部、柱と横架材側面干渉部に、渡り顎の入力ができるようになりました。
4
金物形状マスターの編集機能アップ
金物属性の詳細から金物形状マスターを編集できるようになりました。
プレート、ピン穴の追加、削除、距離測定が編集できます。
5
金物干渉チェックに対応
金物干渉チェック機能を拡張しました。
ボルト、ドリフトピン、プレート、座金の干渉チェックができるようになりました。
6
木取りマスターで材種の一括削除・移動に対応
木取りマスターの材種グループ編集ダイアログで、CtrlキーやShiftキーを押して複数材種を選択し、一括で材種の削除や移動ができるようになりました。
7
断面編集モードの壁筋違の入力を改善
断面編集モードで、壁筋違の配置時に芯ずれを自動計算するようになりました。
また、柱と横架材の交点をヒットして配置できるようになりました。
8
屋根と屋根に関わる材の入力を改善
屋根配置時に高低差を指定できるようになりました。また、屋根属性、属連に屋根ごとの「垂木欠き設定」を追加し、桁側、垂木側、小返りの加工が指定できるようになりました。
材の入力では、母屋、棟木、登梁の配置時と属連で傾斜の有無を指定できるようになりました。
また、垂木配置時に際垂木を生成するようにしました。
9
間柱要素を追加
[入力]−[要素]の[柱]に「間柱」を追加しました。
1本ごとの単独配置と、ピッチを指定して配置する一括配置ができます。
10
断面切断線の自動生成に対応
自動生成メニューに「断面切断線」を追加しました。
また、断面図に通り番付の注記自動生成にも対応しました。
11
間崩している通りを基準グリッドからの距離表示に対応
断面編集モードのステータスバーと、[印刷]−[断面図]の[プレビュー]のページ名称を基準グリッドからの距離表示に対応しました。より断面の位置がわかりやすくなりました。
12
金物自動生成に対応
自動生成メニューに「金物」を追加しました。
符号、樹種、等級、材巾、材成の条件で金物を登録し一括で金物生成できますので、金物入力の効率アップになります。
13
材種変更要素の拡張
材種変更要素に「斜材」「壁筋違」「登梁」を追加しました。
梁で配置した材を壁筋違へ変更したり、屋根に絡まない登梁を梁に変更したりすることもできます。
14
土台、大引の自動分割に対応
土台配置時に相手土台で自動で分割し、相手大引を自動で分割するようになりました。また、大引配置時は相手土台と大引で分割しますので、土台レイヤの入力効率が上がります。
15
初期仕様から金物、ホゾ仕口マスターの起動に対応
[初期仕様]−[物件設定]から金物マスター、ホゾ仕口マスターを起動できるようにしました。
マスターの確認、編集作業が簡単に行えます。
16
ホームページQ&A閲覧機能を追加
CADのヘルプメニューに弊社ホームページQ&Aへのリンクを追加しました。
よくあるご質問などをご覧いただけます。
↑ページの先頭へ戻る

《採用情報はこちら》

エントリーやインターンシップの予約は以下のナビサイトにて受け付けております。
リクナビ
CM
新卒採用向け会社案内の動画もぜひご覧ください。
※再生ボタンを押すと動画が流れます。
アドビシステムズ社ロゴ 当サイトでは、PDFファイルを掲載しております。ご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要になります。Adobe Readerダウンロードページより入手できます。