1. Home
  2. CAD Q&A
  3. 羽柄CAD

CAD Q&A

羽柄CAD


【共通】

仕様編集CADで、注記や寸法、断面切断線のみの配置ができます。
作成された仕様に配置されていないか確認をお願いします。

物件データが読み取り専用になっていないか確認をお願いします。

DXF出力はオプション機能になります。
〔印刷-伏図〕からDXF出力ができます。
「C:¥NEOUT¥OPNDXF」に物件番号フォルダーごとに出力され、出力されたDXFファイルは2次元CADで編集可能です。
 詳細資料(PDF)

〔ファイル-復旧〕より可能です。
自動保存で設定した内容で保存されています。
〔補助-マスター編集-自動バックアップ設定〕にて、自動保存の設定ができます。
 詳細資料(PDF)

XSTARCADでは、他のCAD名の物件データは読込できません。
読込I/F(オプション機能)が必要になります。
XBASECADがインストールされている場合は、意匠CADから読込できます。

↑ページの先頭へ戻る

【入力】

開口属性で方立本数を指定して自動生成で生成する方法と〔入力-要素-方立〕から配置する方法があります。
 詳細資料(PDF)

〔初期設定-端柄材入力設定-入力設定〕の「間柱受」で壁タイプ別材巾を設定してください。

↑ページの先頭へ戻る

【設定】

〔初期設定-端柄材加工設定-間柱〕で上・下・奥行のクリアランスが設定できます。
 詳細資料(PDF)

〔初期設定-端柄材補正値設定-垂木〕から以下の設定項目を選択します。
・垂木材成母屋芯上
・継手中央母屋芯上
・寸法指定(水平)
 詳細資料(PDF)

〔初期設定-端柄材補正値設定-隅谷木〕で「墨付距離」を設定してください。
 詳細資料(PDF)

↑ページの先頭へ戻る

【加工図】

↑ページの先頭へ戻る

【加工生成】

〔初期設定-端柄材加工設定-屋根廻り〕の「垂木:片流れ上部ケビキ線生成」を『しない』に設定してください。
 詳細資料(PDF)

〔初期設定-端柄材加工設定-間柱〕の「筋違い当欠」で『大壁/真壁間柱』に設定してください。

〔初期設定-端柄材加工設定-間柱〕の「間柱」で添え間柱の下加工を「間柱欠き」に設定してください。

↑ページの先頭へ戻る

CAD Q&Aトップに戻る

《新卒採用情報》

会社説明会のエントリーは以下のサイトで受け付けております。
マイナビ リクナビ
新卒採用向け会社案内の動画もぜひご覧ください。
CM
※再生ボタンを押すと動画が流れます。
アドビシステムズ社ロゴ 当サイトでは、PDFファイルを掲載しております。ご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要になります。Adobe Readerダウンロードページより入手できます。