1. Home
  2. CAD Q&A
  3. 構造計算

CAD Q&A

構造計算


【許容応力度計算】

荷重計算を実行し、曲げ・せん断・たわみの計算結果よりその部材の最低材寸を算出し色分けをしています。

<ピンク>使用の材が必要最低材寸より2ランク以上アップしています。
<ブルー>使用の材が必要最低材寸より1ランクアップしています。
<グリーン>使用の材が必要最低材寸と同じです。
 詳細資料(PDF)

「補助/マスター編集/構造計算係数設定ツール/加工パラメータ」にて、エラーが表示されている材の材巾・材成に対する端部加工の登録があるか確認してください。

部材低減率は、使用する材の基準強度の低減を図るものです。
1.0以下の数値を設定すると「補助/マスター編集/構造計算係数設定ツール」にて設定したせん断基準強度、ヤング係数が低減されます。
 詳細資料(PDF)

可能です。床の等分布荷重の作用方向は、根太方向と4方向を選択することが可能です。
床の仕様が構造用合板貼りの場合は4方向を選択してください。
 詳細資料(PDF)

「補助/マスター編集/構造計算設定ツール/フォントサイズ/フォントサイズ設定」にて設定してください。
V15.0からは、フォントサイズが自動調整となりますので設定不要です。
 詳細資料(PDF)

「木造軸組工法住宅の許容応力度設計」でご確認ください。
発行:財団法人 日本住宅・木材技術センター

塗りつぶされた三角の区間が、最大曲げ応力、最大せん断応力が作用する箇所です。この区間で最低必要材寸を計算しています。
 詳細資料(PDF)

必要な部材を選択して印刷が可能です。
選択する際に「部材算定一覧表」を参考にされると、危険順に表示しておりますので選択しやすくなります。
 詳細資料(PDF)

必要最低材寸を算出し、その値に一番近く、かつ、マスターに登録されている材寸を表示しています。
 詳細資料(PDF)

支点反力を支持する部分の面積となります。
各加工仕口の支持面積については、加工機メーカーの形状によって異なりますので、各加工機メーカーにご確認ください。
 詳細資料(PDF)

自動計算の場合、母屋や棟木は小屋束の支点しか生成されません。
土台や2階床レイヤで入力した柱の設定を「自動計算」から「計算する」に変更してください。
 詳細資料(PDF)

「設定/物件設定/実行モード/荷重計算」の「床の高低差を有効にする」にチェックをつけます。
部屋の荷重設定画面で、「床レベル」にサブレイヤ材と同じレベルを設定してください。
※スキップフロア(0.5階、1.5階の部屋)には対応しておりません。
 詳細資料(PDF)

判定欄は金物工法の場合に、軸組CADの補助/マスター編集/許容せん断耐力編集で設定した金物のせん断耐力を超えていないかの判定結果「○」「×」が表示されます。
在来工法の場合には常に「−」が表示されます。

↑ページの先頭へ戻る

【N値計算】

2階柱の直下に1階柱がない場合の処理方法です。詳細については詳細資料(PDF)を参照してください。
 詳細資料(PDF)

N値計算シート/(26)表示記号の判定に反映されます。また軸組CADオプション機能「柱金物自動決定」の柱金具設定テーブルのN値テーブルに反映されます。
 詳細資料(PDF)

・間崩れで耐力壁から柱がずれていないか確認してください。
・柱に取り付いている耐力壁の属性が空白になっていないか確認してください。

「補助/マスター編集/耐力壁マスター編集/面材(耐力壁)」に「非耐力壁」が登録されているか確認してください。
 詳細資料(PDF)

出隅判定を確認してください。
躯体性能または壁量計算の入力/各種領域/建物端部形状を入力します。
 詳細資料(PDF)

L、N、V、T、P・・・・、また、(い)、(ろ)、(は)、(に)・・・・固定ですが、それぞれの金物名称、及びN値の値は設定出来ます。
 詳細資料(PDF)

弊社CADでは日本住宅・木材技術センター発行の「N値計算シートの使い方(改訂版)」に基づいてN値計算を行っております。
同資料のP5 「●たすき掛け筋かい+片筋かいの補正(補正パターン?)」では、「(1)A壁がたすき掛けで、B壁は筋かいが柱頭に取り付く場合」の片筋かいの補正値は「-0.5」と記載されています。
参考資料につきましては、「資料 Download」のオプション「壁量/偏心率ex」のN値計算根拠資料よりご確認頂けます。

3階建の物件ではないですか?
STRUCTUREのN値計算では2階建てまでの対応となっていますので、3階建では検討されません。

壁量計算では、サブレイヤに配置した柱には対応しておりません。
メインレイヤに配置した柱間で耐力壁の配置、N値計算を行ってください。

大きな物件の場合、物件全体を1ページで表示しようとすると柱の表示が小さくなり、柱に表示する金物記号の文字も合せて小さくなってしまいます。
そのような場合、「入力/壁量計算/領域指定 壁・柱伏図 」より領域指定をして、部分的に分割して印刷してください。
 詳細資料(PDF)

↑ページの先頭へ戻る

【表示基準】

床倍率の計算を行う際に構面を区画分けして計算しています。その区画を示しています。
 詳細資料(PDF)

以下の4つの方法で回避出来ます。
1、水平構面の仕様を変更して床倍率を上げます。
2、火打ちの本数を増やします。火打ち水平構面の倍率は、火打ち1本に対し負担面積と、火打ちが取り付く最低梁成によって決まります。火打ち水平構面に含まれる火打ちの本数を増やすことによって、火打ち水平構面の倍率が増します。
3、耐力壁線の確認を行います。耐力壁線間が離れすぎていたり、耐力壁線が少ないと、水平構面が負担する水平力が大きくなります。よって、耐力壁線をなるべく増やすように耐力壁(準耐力壁)を配置することが有効です。また、なるべく上下階で耐力壁線を一致させるようにします。(表6−1:(6)αに影響します)
4、吹抜けの箇所は、床倍率が確保出来ません。吹抜け周囲の水平構面の床倍率を増やします。

「木造住宅のための住宅性能表示」でご確認ください。
発行:財団法人 日本住宅・木材技術センター

「XBASE-入力-補助-建物形状」を入力することで任意設定が可能です。2階部分のインナーバルコニーをバランス領域に含めるか否か・・・という場合にこの領域を入力します。1階部分のバランス領域は建築面積領域に依存しております。

火打ち材が耐力壁線にまたがる場合は、火打ち材のまたぐ位置に関わらず、それぞれの床区画において0.5本として計算しております。

設定にて変更可能です。
「設定/物件設定/金具設定/金物名称」の梁金物名称より、表示する名称を設定してください。

↑ページの先頭へ戻る

【壁量計算】

大屋根の妻壁部分に「入力/単独壁/妻壁」を入力してください。

形状編集/編集より見付形状の編集を行うことができます。
 詳細資料(PDF)

設定にて可能です。「設定/物件設定/壁設定/小屋裏面積」に小屋裏部分の平均高さを設定します。
 詳細資料(PDF)

次のことが考えられます。
・「設定/物件設定/壁設定/耐力壁/耐力壁設定」の設定が空白になっていないか確認してください。
・間崩れによって柱の位置がずれていないか確認してください。
・開口幅が柱間より大きいサイズ設定にされていると、その隣の柱間に耐力壁が入力出来ません。
 詳細資料(PDF)

壁量安全率で計算された値です。「設定/物件設定/壁設定/壁長係数/壁量安全率」が1.0を超えて設定していると「必要壁量’」にその値を掛けた数値が表示されます。
 詳細資料(PDF)

パラペットの要素はありませんので、単独壁(腰壁)を入力します。
・<躯体性能の場合>2階小屋レイヤに「XBASE意匠CAD/入力/単独壁/腰壁」を入力します。
・<軸組CADオプションの場合>軸組CAD/入力/要素/その他/単独壁/腰壁を入力します。2階小屋レイヤでは入力出来ません。3階建て仕様に変更し、3階床レイヤに単独壁を入力します。入力後は2階建て仕様に戻します。
 詳細資料(PDF)

壁量計算にて筋違読込を実行してください。
 詳細資料(PDF)

建築物の平面を分割する1/4の線上に壁が存在する場合には、当該壁の中心線が側端部分(線上を含む)の領域に含まれていれば存在壁量として算入し、そうでない場合は算入していません。

偏芯率の検討時には部屋や屋根の荷重を使用しています。
「設定/物件設定/設定/荷重」の設定が空欄になっていないか確認してください。

「編集/耐力壁一括変更」より耐力壁の一括変更が可能です。
 詳細資料(PDF)

読み込み時に指定した場所(フォルダ)を再度ご確認ください。
読込するフォルダ内には「strcalc」フォルダが存在します。その「strcalc」の一つ上の階層のフォルダを指定してください。
 詳細資料(PDF)

↑ページの先頭へ戻る

【スペースドルフィン共通】

内蔵しているSTRDESIGNの許容応力度計算は住木センターの書籍に準拠しているので、基本的に、計算する物件の用途は住宅を対象にしております。システムの制限として建築面積が2000?まで計算可能です。これを超えても計算は実行される場合がありますが、計算結果の保証は致しません。

めり込みの検討は、「柱の断面積-ほぞ面積」で算出された有効断面積から「めり込み許容耐力」を算出しています。
めり込み許容応力度は、例えば、105×105のヒノキの柱の場合、有効断面積=10.5×10.5−ほぞ面積(30×8.75=26.25)≒84.0cm2、長期のヒノキの許容めり込み許容応力度は2.86N/mm2、短期は5.2N/mm2、よって長期めりこみ許容耐力=84×2.86/10≒24kN、短期めりこみ許容耐力=84×5.2/10≒44kN、上記以上の軸力が発生するとめり込むということになります。

スラブの設計は上端と下端の両方の許容曲げモーメントが必要です。(スラブ面には上端方向の曲げと下端方向の曲げが発生するため)
シングルのスラブの場合も同様に上端筋だけで上端曲げも下端曲げも負担することになります。
よって上端筋だけでも下端の許容曲げモーメントが算出されます。(上端筋が下端筋とみなされて計算されます。)


重心の算定は大きく分けて2種類あります。
?令46条に対する重心の計算は、柱の長期軸力(計算書6.1(3)柱の軸力一覧」)を採用しています。
?水平力(地震・風圧)に対する重心の計算は、「建物重量の算定」で算定された区間重量および「風圧力の算定」で算定された区間風圧力を採用しています。


計算書の「建物重量の算定」のWI´を使用しています。なお「WI´」は仮想壁線(下階の耐力壁線)を考慮した場合、「WI´」は仮想壁線を考慮しない場合(重心算定用のみに使用)となっています。


考慮していません。
σe=スラブにかかる全荷重/スラブ面積
σe´=(スラブにかかる全荷重-スラブ自重)/スラブ面積
σeは地耐力と基礎梁の検討、σe´はスラブの配筋の検討に使用しています。


水平構面の計算を行わないモードはありません。住木センターの書籍では水平構面の検討が耐力壁線間隔のチェックも兼ねているため必ず計算を行います。


断面欠損係数(%):梁片方
→スパン中間で他の梁を片面に仕口欠き込みをして受ける場合に適用されます。
断面欠損係数(%):梁両方
→スパン中間で他の梁を両面に仕口欠き込みをして受ける場合に適用されます。
断面欠損係数(%):持出梁支点片方
→持出梁の支点の片側に他の梁端部(勝ち・負け)が接している場合に適用されます。
断面欠損係数(%):持出梁支点両方
→持出梁の支点の両側に他の梁端部(勝ち・負け)が接している場合に適用されます。
 詳細資料(PDF)

長期時ですので、Q1・Q2は鉛直荷重から生じるせん断力で算出します。


短期時ですので、Q1・Q2は耐力壁によって生じるせん断力+長期の鉛直荷重で算出します。


この梁成は、帳票「床伏図」で確認出来ます。これは、計算の際に自動的に「最低必要材寸」に梁成を上げますのでエラーが消えます。最初から「行う」にして計算しますと、エラーに気づかず、終了させてしまいますので、気をつけてください。最初は、「行わない」にしてエラーを確認します。その後に「最低必要材寸」を計算したい場合のみ「行う」にします。最後は「行わない」にして最終的にエラーを確認するようにしてください。
 詳細資料(PDF)

階段には荷重があるものと考えています。荷重を設定されない場合は吹き抜けで入力をしてください。
 詳細資料(PDF)

梁端部の仕口の検討(在来工法の場合のみ)において、構造計算時に自梁と相手梁(自梁がかかる梁)との梁成の整合(自梁と相手梁の梁成を同じかそれ以上にする)を行っています。つまり、これを「行う」にすると、荷重などで決まった梁成よりさらに成が大きくなる場合があります。
 詳細資料(PDF)

構造計算に使用していない許容応力度は表示しておりません。小屋束は樹種の表示は出来ますが部材本体の検討を構造計算で行っていないため、許容応力度表に許容応力度を表示しておりません。


スラブ記号は計算時に自動で発生させているものです。これは図面とスラブ位置を明確にするために、任意で番号を振っています。


(2)めり込みの検討のfmおよびfm'欄ですが、上下2段ある両方ともが梁(または土台)のめり込み許容耐力になります。上段が長期で下段が短期です。


伏図モードにおいて梁の属性にて持出し梁の設定を行うことにより片持ち梁として計算されます。
 詳細資料(PDF)

基礎の入力を行っていないのに、「設定/物件設定/実行モード/計算書指定/基礎の検討=行う」と設定していることが原因です。
 詳細資料(PDF)

「物件設定/物件概要/一般/建物最高高さ」が「0」になっているためです。「建物最高高さ」の値は自動的に設定されます。また、直接入力も可能です。
 詳細資料(PDF)

Q&A「スペースドルフィン〔エラー対処法〕」を参照してください。

スラブ辺周りに外周地中梁、内部立上りがない(人通口等で切れている)場合、仮想の内部地中梁(=仮想地中梁)を入力します。
仮想地中梁とは、スラブブロックを地中梁と仮定(仮想)し、基礎梁の検討を実行させるためのダミー要素です。仮想地中梁を入力しないと、基礎梁の検討は実行されません。検討結果後、エラーが表示される様であれば、仮想地中梁ではなく、地中梁として基礎CADで設定しなおし、再度、構造計算を実行する必要があります。


「設定/物件設定/設定/実行モード/計算書指定」の”梁のたわみ検定”を確認してください。
「梁成/スパン<1/12のものを出力」が設定されている場合はこちらの設定が優先されます。
指定分抽出で出力される際は、”梁のたわみ検定”で「すべて出力」を設定してください。

構造計算書のプレビュー画面で、項目を指定して右クリックしていただくと、メニューが表示されます。
印刷が不要な項目は「印刷しない」を設定してください。
 詳細資料(PDF)

「建物最高高さ」は、意匠CADの「初期仕様/物件仕様/矩計」で設定されている、基礎高、基礎パッキン厚、土台高、各階高と、入力した屋根の最高高さより算出しております。「建物最高高さ」を手動で設定した場合、構造計算書の立面図や断面図にも反映されます。
見付面積の高さについては「建物最高高さ」ではなく、見付形状編集の形状が反映されますので「建物最高高さ」を手動で変更しても反映されません。また、見付形状の最高高さはスペースドルフィンの「設定/物件設定/壁設定/見付け面」で設定した”屋根厚”も反映されます。
※意匠CADの「初期仕様/物件仕様/矩計」で”屋根厚”が設定されている場合は、その”屋根厚”を採用しますので立面図と見付形状の最高高さを合わせる場合は、”屋根厚”まで含めた数値の入力が必要です。

1階から3階までの通し柱を1本で入力した場合の計算には対応しておりません。
各階層にて通し柱の納まりが下記のようになるよう入力してください。
<1階>
1~2階通し柱(柱脚:梁勝ち/柱頭:柱勝ち)
<2階>
1~2階通し柱(柱脚:柱勝ち/柱頭:柱勝ち)
<3階>
2~3階通し柱(柱脚:柱勝ち/柱頭:梁勝ち)

↑ページの先頭へ戻る

【スペースドルフィンエラー対処法(伏図)】

確認事項⇒「設定/物件設定/設定/荷重」で単位荷重の設定が空欄になっている項目がないか確認してください。
 詳細資料(PDF)

対処法⇒過剰に入力している耐力壁を削除します。柱頭柱脚の必要引張力は、柱が取り付く耐力壁の許容耐力による軸力から算定されます。物件全体で耐力壁が過剰に入っている箇所は耐力壁(面材耐力壁、筋かい)を削除することにより、必要引張耐力を低減することが出来ます。
確認事項?⇒柱頭柱脚金物仕様の確認を行います。使用する柱頭柱脚金物の仕様が正確に登録されているか確認してください。
必要な場合は、必要引張力を満たす金物を追加してください。
確認事項?⇒直交金物耐力の考慮について(詳細計算法の場合のみ)
詳細計算法の場合は直交金物耐力を加算することが可能です。該当の柱に発生した必要引張力に対して、登録されている金物仕様から自動配置を行いますが、必要引張耐力が発生していない柱には金物を配置しないため、直交金物耐力の加算が有効に働かない場合があります。この場合は、あらかじめ、直交金物耐力が有効とみなされる位置(出隅の柱の両側等)に、金物を任意配置(補強金物を座標で入力)すると考慮されるようになります。


確認事項?⇒仕口の確認を行います。構造計算書の「横架材端部接合部の検定」の章で「横架材端部仕様」を確認してください。
確認事項?⇒荷重の確認を行います。構造計算書の「横架材端部接合部の検定」の章でQL(長期せん断力)とQS(短期せん断力)が異常に大きい場合は、荷重が正常に伝達していない可能性があります。部材周辺の梁、柱架構を確認してください。また、短期は耐力壁の回転による軸力が大きくなる場合があるので、過剰な耐力壁がある場合は削除することにより、短期軸力を小さくすることが出来ます。
確認事項?⇒仕口断面欠損考慮の有無の確認を行います。「設定/物件設定/設定/実行モード/パラメータ/梁端部の断面欠損の考慮」を「しない」に設定すると、梁仕口せん断の検討が行われなくなります。正しく設定されているか確認してください。


確認事項?⇒仕口の確認を行います。構造計算書の「横架材端部接合部の検定」の章で「横架材端部仕様」を確認してください。
確認事項?⇒荷重の確認を行います。構造計算書の「横架材端部接合部の検定」の章でQL(長期せん断力)とQS(短期せん断力)が異常に大きい場合は、荷重が正常に伝達していない可能性があります。部材周辺の母屋、小屋束を確認してください。
確認事項?⇒仕口断面欠損考慮の有無の確認を行います。「設定/物件設定/設定/実行モード/パラメータ/計算タイプ/梁端部の断面欠損の考慮」を「しない」に設定すると、梁仕口せん断の検討が行われなくなります。正しく設定されているか確認してください。

確認事項?⇒横架材端部仕様の確認を行います。構造計算書の「横架材端部接合部の検定」の章で「横架材端部仕様」を確認してください。
確認事項?⇒荷重の確認を行います。構造計算書の「横架材端部接合の検討」の章でTN1(水平横架材端部の必要引張耐力)とTN2(筋かい端部が取り付く柱と横架材端部接合部の必要引張耐力)を確認してください。TN1は、当該水平構面の許容耐力で決まり、TN2は当該柱に取り付く筋かいで決まります。
確認事項?⇒金物工法の場合、短期は引張とせん断を同時に検討を行います。「横架材端部接合の検討」において、発生した箇所の必要引張耐力を確認してください。水平構面外周部における必要引張耐力の算定は、標準計算法、詳細計算法により計算結果が異なります。


対処法⇒アンカーボルトの配置変更を行います。土台はアンカーボルトで分断された単位で検討されます。土台の端部にアンカーボルトがなかったり、アンカーボルト間が離れている場合は、曲げモーメント、せん断力が大きくなりますのでアンカーボルトの配置を変更してください。
確認事項⇒柱脚の必要引張耐力の確認を行います。土台の曲げモーメントおよびせん断力は、柱脚の必要引張耐力から算定されます。該当の土台上にある柱の必要引張耐力を確認してください。柱の必要引張力は、柱が取り付く耐力壁の許容耐力による軸力から算定されます。耐力壁の耐力が過剰な場合は、耐力壁を減らすことにより、短期軸力を低減することが出来ます。


対処法?⇒柱の耐力の確認を行います。長期・短期軸力を満たすように、樹種および断面寸法の変更を検討してください。
対処法?⇒短期水平軸力は柱に取り付く耐力壁の許容耐力によって算定されます。過剰な耐力壁を減らすことにより、短期軸力を低減することが出来ます。
確認事項?⇒断面寸法、樹種の確認を行います。柱の計算結果または構造計算書から、柱の断面寸法、樹種が正常に設定されているかどうか確認してください。
確認事項?⇒構造計算書の長期・短期軸力を確認します。軸力が大きすぎる場合は、構造計算書の「柱の長期軸力」で柱にかかる荷重内容を確認してください。

対処法?⇒柱の耐力の確認を行います。長期・短期軸力を満たすように、柱下の土台、または梁の樹種および柱の断面寸法の変更を検討してください。
対処法?⇒短期水平軸力は柱に取り付く耐力壁の許容耐力によって算定されます。過剰な耐力壁を減らすことにより、短期軸力を低減することが出来ます。
確認事項?⇒柱ほぞ面積の確認を行います。「設定/物件設定/設定/実行モード/その他/柱柄断面積」が正常に設定されているかどうか確認してください。(金物工法と在来仕口工法では断面積が異なります)
確認事項?⇒荷重の確認を行います。構造計算書の長期・短期軸力を確認してください。軸力が大きすぎる場合は、構造計算書の「柱の長期軸力」で柱にかかる荷重内容を確認してください。

確認事項?⇒梁の計算結果または構造計算書から、梁の断面寸法、樹種が正常に設定されているか確認してください。
確認事項?⇒荷重の確認を行います。構造計算書の荷重図を確認してください。単純梁が片持ちで計算されていたり、負担荷重が大きすぎる場合は、該当部材の周辺の梁・柱架構を確認してください。構造計算書の「荷重の伝達」で梁にかかる荷重を確認することが出来ます。また、梁上に耐力壁が取り付く柱がある場合、短期軸力は耐力壁の許容耐力より算定されます。過剰な耐力壁を減らすことにより、短期軸力を低減することが出来ます。
※「荷重の伝達」は「設定/物件設定/設定/実行モード/計算書指定/柱の荷重の伝達」を「出力する」に指定することによって出力されます。
確認事項?⇒梁中間部の断面欠損の考慮の確認を行います。「設定/物件設定/設定/実行モード/パラメータ/梁中間部の断面欠損の考慮」が「する」の場合、梁中間部に根太、他の梁がかかる梁において、断面二次モーメントと断面係数に断面欠損係数を乗じています。「しない」に変更すると、断面欠損を考慮せず、梁の全断面で検討されることになります。


確認事項?⇒母屋の計算結果または構造計算書から、母屋の断面寸法、樹種が正常に設定されているか確認してください。
確認事項?⇒構造計算書の荷重図を確認してください。単純梁が片持ちで計算されていたり、負担荷重が大きすぎる場合は、該当部材の周辺の母屋・小屋束・柱加工を確認してください。構造計算書の「荷重の伝達」で母屋にかかる荷重を確認することが出来ます。
※「荷重の伝達」は「設定/物件設定/実行モード/計算書指定/柱の荷重の伝達」を「出力する」に指定することによって出力されます。

確認事項?⇒大引きの計算結果または構造計算書から、大引きの断面寸法、樹種が正常に設定されているか確認してください。
確認事項?⇒構造計算書の荷重を確認してください。単純梁が片持ちで計算されていたり、負担荷重が大きすぎる場合は、該当部材の周辺の大引き・床束架構を確認してください。構造計算書の「荷重の伝達」で大引きにかかる荷重を確認することが出来ます。また、大引き上に耐力壁が取り付く柱がある場合、短期軸力は耐力壁の許容耐力より算定されます。過剰な耐力壁を減らすことにより、短期軸力を低減することが出来ます。
※「荷重の伝達」は「設定/物件設定/設定/実行モード/計算書指定/柱の荷重の伝達」を「出力する」に指定することによって出力されます。
確認事項?⇒大引き中間部の断面欠損の考慮の確認を行います。「設定/物件設定/設定/実行モード/パラメータ/梁中間部の断面欠損の考慮」が「する」の場合、大引き中間部に根太、他の大引きがかかる梁において、断面二次モーメントと断面係数に断面欠損係数を乗じています。「しない」に変更すると、断面欠損を考慮せず、大引きの全断面で検討されることになります。


対処法⇒「入力/性能評価/SPACEDOLPHIN構面領域入力/床面領域」が梁上に配置されるように入力しなおします。


確認事項⇒部屋の間仕切り(内壁)がある箇所に合わせてスラブ領域や基礎立上り、土台等の入力がされているか確認してください。

↑ページの先頭へ戻る

【スペースドルフィンエラー対処法(耐力壁)】

対処法⇒面材耐力壁、筋かいを追加します。必要壁量に達するように面材耐力壁、筋かいを追加してください。必要壁量、不足長さ等は「建物規模・令46条」にて確認出来ます。なお、令46条では 準耐力壁を考慮しておりません。
確認事項?⇒「建物概要」の「屋根軽/重区分」が物件の屋根仕上げに合わせて設定されているか確認してください。
確認事項?⇒風圧量による必要壁量算定用の見付面積図が正常に表示されているか確認してください。

対処法⇒面材耐力壁、筋かいの配置を変更します。剛心が許容剛心範囲内に入るように、面材耐力壁、筋かいの配置を変更してください。なお、令46条では準耐力壁は考慮しておりません。
確認事項⇒チェック基準値を確認します。令46条のチェック基準値(構造計算判定基準値の「偏心率チェック基準」の項目)は初期設定の状態で「0.3」になっています。


対処法⇒面材耐力壁、筋かいの配置を変更します。偏心率がチェック基準値以内となるように面材耐力壁、筋かいの配置を変更してください。なお、水平力による偏心率では準耐力壁も考慮しています。
確認事項?⇒チェック基準値を確認します。偏心率のチェック基準値(構造計算判定基準値の「偏心率チェック基準」の項目)は初期設定の状態で「0.3」になっています。
確認事項?⇒下部横架材の曲げによる剛性低減の確認を行います。アンカーボルトの配置や、梁、柱の配置によって耐力壁のロッキングが起こり、剛性が低減され、本来の壁倍率(剛性)が保持されない場合があります。部分的に剛性が低減されると剛芯が偏り、偏心率が大きくなる場合があります。構造計算書の「下部横架材曲げの低減による剛性の算定」の章を参照し、剛性低減されている箇所が多い場合は、アンカーボルトの配置や、梁の配置を再検討してください。「剛性低減の有無」を「する」の場合のみ低減されます。(初期値は「する」になっています。)


対処法⇒各通りが負担する水平力に対して、許容耐力を満たすように、面材耐力壁と筋かいを追加してください。準耐力壁も有効です。


対処法?⇒床倍率を増やします。水平構面が負担する水平力に対して、許容耐力を満たすように2・3階水平構面、屋根水平構面、小屋水平構面の床倍率を増やしてください。水平構面の仕様は合板の種類や根太の施工方法、屋根勾配等で決まります。
対処法?⇒火打ちを増やします。火打ち水平構面の倍率は、火打ち1本に対し負担面積と、火打ちが取り付く最低梁成によって決まります。火打ち水平構面に含まれる火打ちの本数を増やすことによって、火打ち水平構面の倍率が増します。なお、火打ち水平構面は通常、「継ぎ手の含まれない最大の区画」単位で入力します。
対処法?⇒耐力壁線の確認を行います。耐力壁線間が離れすぎていたり、耐力壁線が少ないと、水平構面が負担する水平力が大きくなります。よって、耐力壁線をなるべく増やすように耐力壁を配置することが有効です。(準耐力壁等も有効です。)また、上下階で耐力壁線がずれていると、上階の耐力壁線が仮想壁線となり、その位置にもせん断力がかかります。なるべく上下階で耐力壁線を一致させることが望ましいです。
対処法?⇒吹抜けの箇所は、床倍率が確保出来ません。吹抜けをなるべく設けないようにするか、吹抜け周囲の水平構面の床倍率を増やしてください。

対処法⇒耐力壁の追加を行います。該当階の耐力壁が足りない場合にNGになります。該当階、該当方向の筋かい、面材を追加してください。
確認事項?⇒チェック基準値の確認を行います。「設定/物件設定/設定/実行モード/その他/層間変形角チェック基準値」は初期設定では「120」(1/120以下であればOK)となっています。
確認事項?⇒算定用係数の確認を行います。「設定/物件設定/設定/実行モード/その他/層間変形角算定用係数」は初期設定では「120」(見掛けのせん断変形角による剛性)となっています。


確認事項?⇒建物の長さの確認を行います。計算書の建物の長さが正常に算定されているか確認してください。建物の長さが長いとNGになりやすくなります。
確認事項?⇒地震力、風圧力の確認を行います。計算書の「地震力の算定」および「風圧力の算定」を参照し、正常に算定されているか確認してください。

↑ページの先頭へ戻る

【スペースドルフィンエラー対処法(基礎)】

対処法⇒布基礎仕様の変更を行います。基礎面積(布基礎底版の幅)を確認してください。
確認事項⇒荷重の確認を行います。構造計算書で、該当の布基礎にかかる荷重(長期圧縮力)を確認してください。

対処法⇒布基礎仕様の変更を行います。フーチング根元に生じるモーメントがフーチング許容曲げモーメントより大きいためNGとなっています。布基礎底版の幅、またはフーチング横筋かぶり厚、横筋種類ピッチを確認してください。
確認事項⇒荷重の確認を行います。構造計算書で、該当の布基礎にかかる荷重(長期圧縮力)を確認してください。

対処法⇒布基礎仕様の変更を行います。基礎梁の曲げモーメントおよびせん断力に対して、許容曲げモーメントおよび許容せん断耐力が満たないため、NGになっています。基礎断面寸法、配筋仕様を変更してください。
確認事項⇒荷重の確認を行います。構造計算書の荷重図で、該当の布基礎にかかる荷重を確認してください。柱のスパンが離れている場合、短期で引抜力が発生している場合は応力が大きくなります。


確認事項?⇒スラブ仕様の確認を行います。スラブの発生曲げモーメントに対して、許容曲げモーメントが満たないためNGとなっています。スラブ仕様のスラブ厚やスラブ配筋仕様を確認してください。
確認事項?⇒荷重の確認を行います。計算書の「地耐力の検討」で該当のスラブにかかる荷重を確認してください。
確認事項?⇒スラブ計算条件の確認を行います。スラブの計算は「基礎CAD/ベタ基礎範囲/属性/スラブ計算条件/自動設定」がデフォルトとなっており、外周辺上を単純支持、内部を固定支持として、自動計算しています。スラブの計算条件は、属性にて任意指定を行うことも出来ます。スラブ計算条件は「四辺単純」が最も安全側で、「四辺固定」が最も危険側となります。

確認事項?⇒荷重の確認を行います。計算書で該当のスラブにかかる荷重を確認してください。スラブブロックが小さすぎると、負担面積が足りずNGになる場合があります。
確認事項?⇒地耐力の確認を行います。「建物概要」の「地耐力」が正常に設定されているか確認してください。

確認事項?⇒外周地中梁仕様の確認を行います。基礎梁の曲げモーメントおよびせん断力に対して、許容曲げモーメントおよび許容せん断耐力が満たないため、NGになっています。基礎断面寸法、配筋仕様を確認してください。
確認事項?⇒荷重の確認を行います。構造計算書の荷重図で、該当の外周地中梁にかかる荷重を確認してください。柱のスパンが離れている場合、短期で引抜力が発生している場合は応力が大きくなります。


確認事項?⇒内部地中梁仕様の確認を行います。基礎梁の曲げモーメントおよびせん断力に対して、許容曲げモーメントおよび許容せん断耐力が満たないため、NGになっています。基礎断面寸法、配筋仕様を確認してください。
確認事項?⇒荷重の確認を行います。構造計算書の荷重図で、該当の内部地中梁にかかる荷重を確認してください。柱のスパンが離れている場合、短期で引抜力が発生している場合は応力が大きくなります。


確認事項?⇒内部立上り仕様の確認を行います。基礎梁の曲げモーメントおよびせん断力に対して、許容曲げモーメントおよび許容せん断耐力が満たないため、NGになっています。基礎断面寸法、配筋仕様を確認してください。
確認事項?⇒荷重の確認を行います。 構造計算書の荷重図で、該当の内部立上りにかかる荷重を確認してください。柱のスパンが離れている場合、短期で引抜力が発生している場合は応力が大きくなります。


対処法⇒アンカーボルト仕様の変更を行います。アンカーボルトは仕様(通常M12またはM16)によって、短期許容引張耐力が異なります。アンカーボルトの仕様を変更することにより、NGを回避することも出来ます。
確認事項⇒柱脚の必要引張耐力の確認を行います。アンカーボルトの必要緊結力は、柱脚の必要引張耐力から算定されます。該当の土台上にある柱の必要引張耐力を確認してください。柱の必要引張耐力は、柱が取り付く耐力壁の許容耐力による軸力から算定されます。耐力壁の許容耐力が過剰な場合は、耐力壁を減らすことにより、短期軸力を低減することが出来ます。


対処法?⇒アンカーボルトを追加します。各通りが負担するせん断力に対して、アンカーボルトの合計本数による許容せん断耐力が満たない場合にNGとなります。許容せん断耐力が不足している通りのアンカーボルトを追加してください。
対処法?⇒アンカーボルト仕様の変更を行います。アンカーボルトは仕様(通常M12またはM16)によって、短期許容せん断耐力が異なります。アンカーボルトの仕様を変更することにより、NGを回避することも出来ます。
確認事項⇒耐力壁線の確認を行います。耐力壁線が少ないと、1本の耐力壁線が負担するせん断力が大きくなります。耐力壁線を増やすことにより、せん断力を小さくすることが出来ます。


↑ページの先頭へ戻る

CAD Q&Aトップに戻る

《新卒採用情報》

会社説明会のエントリーは以下のサイトで受け付けております。
マイナビ リクナビ
新卒採用向け会社案内の動画もぜひご覧ください。
CM
※再生ボタンを押すと動画が流れます。
アドビシステムズ社ロゴ 当サイトでは、PDFファイルを掲載しております。ご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要になります。Adobe Readerダウンロードページより入手できます。